慰謝料請求訴訟の提起

ヤミ金融撃退法 説明

ヤミ金融の違法な取立てによって、心身ともに傷ついてしまって、日常生活にまで支障をきたすような事態に発展してしまった場合、その被害者となってしまった債務者は、悪質な取立てを行なった貸金業者に慰謝料請求訴訟を行なうことが出来るようになっています。

 

裁判所から、貸金業者に債務者へ慰謝料を払うように命じられれば、貸金業者は債務者に相応の慰謝料を支払う義務が発生します。

 

ヤミ金融は、悪質なケースになるとお金を取り立てる際、実際に自宅に赴き、わざと近所の人たちに聞こえるようにして大声で怒鳴りあげたり、郵便受けに脅し文句を書いた手紙を投稿したり、何度も自宅の電話を鳴らし脅しを掛けるなど、日常生活もままならないほどに、精神的にも肉体的にもプレッシャーを掛けてきます。

 

そうした負担受けた場合、債務者は慰謝料請求訴訟を起こし、お金を請求することが出来ます。

 

ヤミ金融によって奪われた時間や労力は、極力、慰謝料請求訴訟で取り戻せるようにしたいものです。

 


【全国OK!】 ヤミ金問題対応の弁護士・司法書士 事務所