ヤミ金

出資法違反

ヤミ金融撃退法 説明

ヤミ金融業者の弱点…それは、言うまでもありませんが犯罪行為を行なっていることです。

 

貸金業務をおこなう上で、債務者に負担させることが出来る金利の割り合いは法律で定められており、この一定の割り合いを越えると出資法違反という犯罪になるのです。

 

彼ら違法貸金業者は法律を守らない違法者なので、当然こちらも向こうの言い分など聞き入れる必要もなく、例えどんな理由でお金を請求されようとも、返済する義務はありません。

 

しかし、違法貸金業者も犯罪行為を繰り返しているようなロクでもない人間なので、法律を守っていないのだから返済義務はない、と、こちらが突っぱねても当然聞き入れることは無く、こちらがお金を支払うまでの間、様々な卑劣極まりない嫌がらせを繰り返すのです。

 

この嫌がらせに屈して、仕方なく高金利のお金を払ったり、中には苦痛のあまり自殺してしまう方もおられるのですが、彼らが平然と行なっている出資法違反や人権を無視した取り立てによる犯罪行為は、やはり法律で裁かれる必要があり、この点がヤミ金融業者の弱点とも言えるのです。

 

出資法違反に当てはまる法外な金利を債務者に押し付けておきながら、いざ返済が滞ると卑劣な嫌がらせを行い、嫌でもお金を支払わせようと必死になるのがヤミ金融業者です。

 

債務者にお金を支払わせる為ならなば、犯罪行為も厭わず平然と行い、自分達の利益を上げることのみを考えているので、こちらの言い分なども一切聞き入れることはありません。

 

しかし、こうした犯罪行為は法律によって罰せられますので、ここが彼らの唯一の弱点でもあります。

 


ヤミ金融の最大の弱点は?|出資法違反|ヤミ金融撃退法記事一覧

個人再生手続きや自己破産など行なった直後に、またしてもお金に困ってしまい、しかし今度こそ頼れるものもなく、藁をも掴む思いでヤミ金融に手を出してしまった…そんな方が意外と多いです。しかし、一度ヤミ金融に手を出してしまえば、状況は良くなるどころか悪化の一途を辿ってしまいます。もし、あなたがヤミ金融から法外な金利を請求されているのならば、弁護士かジャパンネット法務事務所やウォーリア法務事務所などの司法書...

お金を人に貸す仕事である貸金業者は、お金を借りている人に対して人権を無視した違法な取立てを行なってはいけないということが法律で定められています。例えば、貸しているお金を取り立てる際に暴力的な態度を取って相手を脅したり、大声を上げて怒鳴りあげたり、大人数で押しかけて威圧的な態度をみせたりといったことです。このようなこと行なった場合、債務者は仮処分申立てを行い、取立て禁止をすることが出来ます。ヤミ金融...

ヤミ金融の違法な取立てによって、心身ともに傷ついてしまって、日常生活にまで支障をきたすような事態に発展してしまった場合、その被害者となってしまった債務者は、悪質な取立てを行なった貸金業者に慰謝料請求訴訟を行なうことが出来るようになっています。裁判所から、貸金業者に債務者へ慰謝料を払うように命じられれば、貸金業者は債務者に相応の慰謝料を支払う義務が発生します。ヤミ金融は、悪質なケースになるとお金を取...

監督官庁の金融庁では、貸金業者が人にお金を貸す場合、金利は29.2%までと定めています。しかし、その法律で定められた金利を大幅に上回るような法外な金利をお金を借りている債務者に請求し、いつまで経っても借金を返済することが出来ない状態に落としいれ、長期間に渡ってお金を搾り取ろうとするのがヤミ金融です。こうした違法行為が発覚した場合、金融業者に行政処分の申立てを行なうことが出来ます。ヤミ金融の特徴は、...

違法な金利を請求し、債務者を不幸のどん底に叩き落とすヤミ金に手を出してしまった時は、まず、相手の言うことは全て聞き流し、真に受けないようにすることが重要です。そして、法律で定められた金利を遥に上回るような法外な金利を請求されてしまった場合は、絶対に支払うことはせず、まずは警察に被害届けを出し、刑事告訴も辞さない覚悟で対応をする必要があります。そうしなければ、彼らはどんどんあなたに漬け込んでお金を取...

【全国OK!】 ヤミ金問題対応の弁護士・司法書士 事務所