都①業者

オペレーター 説明

一口にヤミ金融といっても、その手口や営業方法は様々で、その中でも特に引っかかってしまう人が多いといわれている手口が「都①業者」と呼ばれるものです。

 

この「トイチ」言葉は、ずいぶん昔から有名な言葉ですが、近年では手口も変わり、その意味合いも変わってきています。

 

過去では、10日で1割の高金利を付けて請求する事を指していましたが、現在では違います。

 

現在の「トイチ」は
都①業者」のことを意味しており、この「都①」とは貸金業者の登録更新番号を意味しています。

 

貸金業者の登録更新番号は3年ごとに更新をすることが義務づけられており、更新をするごとにこの登録更新番号が1増えることになるのです。

 

すなわち、登録3年以内でしたら1、3年から6年以内でしたら2といった具合に増えていきます。

 

今では意味が変わってしまった「都①業者」ですが、やはりこのような
実例もあるので貸金業者を選ぶ際の目安となる登録更新番号は、なるべく数字の大きいところが望ましいと言えるでしょう。

 

登録番号が①の場合、すぐに廃業してまた新しく名前を変えて会社を登録する、
ということを繰り返している業者が少なくなく、こういった業者は殆んどがヤミ金融業者だと言われています。

 

登録番号が1でも得られると、新聞などに広告を出すことが出来るためです。

 

新聞に広告が出ている業者ということは、それなりに有名なので安心できるんだろうと考えて
お金を借りる人は多いのですが、こうした広告の中にもヤミ金融業者が紛れていることは少なくないのです。

 


【全国OK!】 ヤミ金問題対応の弁護士・司法書士 事務所