新聞の折込広告、スポーツ新聞などで宣伝

ヤミ金融の見抜き方 説明

ヤミ金融とは、一般的に財務局や都道府県に貸金業の登録を行なっていないにもかかわらず、違法に貸金業を行い、更にお金を貸した人から法外な金利の利息を請求し、騙し取るといった悪徳業者のことを指します。

 

こうしたヤミ金融の業者は、新聞折込広告や公衆電話ボックス、チラシやスポーツ新聞などに広告を貼ったり入れたりして、お金に困っている人たちを誘い込もうとしています。

 

新聞折込広告や公衆電話ボックス、チラシやスポーツ新聞などに入っているヤミ金融のこうした広告では、さも低い金利でお金が借りられるので、安心してご利用いただけますといったような文面が書かれているのですが、実際にはそんなことはなく、お金を借りる段階になったら出資法で定められている金利を大幅に上回る、法外な金利を請求されるので注意が必要です。

 

他の業者よりも異様に金利の安い業者があったら、それはヤミ金融の可能性が高いのです。

 

新聞折込広告や公衆電話ボックス、チラシやスポーツ新聞の広告には警戒しましょう。

 


【全国OK!】 ヤミ金問題対応の弁護士・司法書士 事務所