甘い謳い文句でお年寄りを勧誘し、法外な金利を得る

ヤミ金 説明

新しい法律や規制が出来るたびに、その網の目を掻い潜るかのようにして進化し、巧妙化するヤミ金融業者の姑息な手口。

 

ここでは、年金を
担保に取る年金担保金融についてご紹介します。

 

 

お年寄りで既にお仕事を引退された方に対しては、通常の金融業者は中々お金を貸してくれない所も多いのですが、そんな中、広告に高齢者応援キャンペーンや年金立て替えなどの甘い謳い文句でお年寄りを勧誘し、法外な金利を得るのが年金担保金融です。

 

年金担保金融と呼ばれているヤミ金融業者は、文字通りお年寄りから年金手帳、印鑑、銀行通帳、キャッシュカードなどを預かり、国から年金として支給されているお金を担保として受け取り、それと引き換えにお金を融資するという方法です。

 

しかし、融資をする金額に対して担保として取る金額の方がはるかに高額に
なってしまうことが殆んどなので、いつまで経っても借金は返済できず、膨らむ一方となってしまいます。

 

年金を担保にしてお金を融資する年金担保金融は、
生活をする為の唯一の頼りである年金を狙った非常に悪質な手口です。

 

どんなに有名な貸金業者でも、年金を担保にしてお金を融資するといったことは、
法律で禁止されている
ので、こういった謳い文句を言っている業者には特に注意を払ってください。

 

また、社会生活に必要な健康保険証や印鑑なども、まず預かることは禁じられています。

 

お金を借りる際、これらの大事な物を
貸金業者に預けるように指示されたら、間違いなく悪徳と見ていいでしょう。



【全国OK!】 ヤミ金問題対応の弁護士・司法書士 事務所